2016年8月11日木曜日

最幸ユキはサイコーです←


WIXOSS14弾の発売でついにルリグタイプがイオナ単体で
レベル5のユキが出ましたよ!




もうイラストが最高すぎて、もはや尊い・・・


私はユキに心奪われてバブみを感じてます・・。


引かれても困るのでまじめにやります!





とりあえず、効果が見にくいので書きますね!







《最幸の巫女 ユキ》  
ルリグタイプイオナ
ルリグ5
リミット12
グロウコスト2

あなたのルリグトラッシュからすべてのルリグをこのカードの下に置く。
エクシード1対戦相手のシグニ1体をデッキの一番下に置く。この能力は
1ターンに1度しか使用できない。
エクシード1ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体は能力を失い、新
たに得られない。この能力は使用タイミング【メインフェイズ】【アタックフェイ
ズ】を持つ。

<レベル5のユキで出来ること>

の効果は《純白の巫女 ユキ》のエクシードで使ったルリグを回収してねってことです。
シグニの配置を変えるレベル3の《未練の巫女 ユキ》をエクシードで使うときは慎重に。


《最幸の巫女 ユキ》のエクシードは2つ。

1つは相手のシグニをデッキボトムに送る効果。2つめはレスホープの強化版って感じ。


1つめのエクシードは当然《コードラビリンス ルーブル》の効果を発動できます。
デッキボトムに送ったカードは再利用しにくいのも強みですね!


2つめは攻撃がトリガーっとなって発動する効果に有効です。今の環境にあっている感じ。
ただ、流行りの《幻水姫 ダイホウイカ》に使うのはやめたほうがいいかな・・・。

一番止めたいシグニだけど相手の手札が増えた状態でターンが終わるので注意。

ルリグの効果なので《先駆の大天使 アークゲイン》の耐性を消せます。

あとは同じ弾に収録されている《コードキャッスル ヴェルサ》とのコンボが基本の使い方。

エクシードは1ターンに何回でも使えます。

次に、リミット的なところで話をします。

リミットが12なので《コードラビリンス ルーブル》を3体同時に出せるのは強いです。
あと、《コードキャッスル ヴェルサ》を使う場合は《コードラビリンス ルーブル》と一緒に
出すと制圧力が増すので揃えていきましょう!

だから理想的な盤面としては《ヴェルサ》・《ルーブル》・《金字塔》になるのかな。

そして《タマ・イオナ》のルリグタイプを持ったマユと違って除去能力は
若干下がりましたが、アーツを4枚編成することができるようになりました。



<アーツ構成>

アーツの考察もしちゃいます。

個人的に思う絶対的なアーツとしてはやっぱ《フォーカラー・マイアズマ》かな。
4つの効果がありますが重要視しているのは①と③ですかね。

①はアタックトリガー持ちのシグニに対して有効。除去強い。
③は本当に重宝します。
自分のユキの大半は白のカードで構成してあるので墓地からの回収がしにくいです。
なので、《コードラビリンス ルーブル》とかを回収できると次に繋げることができます。


それと個人的に推してるのが《クトゥル・コール》。

これもマイアズマの③と同様に自分のトラッシュに干渉できるので便利です。
面が空いたところに《ルーブル》や《ヴェルサ》を置くと防御力が上がります。

《コード・ピルルク APEX》や《タウィル》は効果で面を空けるので、使い所はあるかと。

両方採用するかは選択ですがアーツの優先度でいえばマイアズマ>クトゥル。
コストに黒を要求してるので遊月には腐りがち。そうゆう意味での選択です。

残りの選択アーツとして

《ピンチ・ディフェンス》

絶対的アーツだろ!とか言われそうですが。ちょっと待っていただきたい。

ユキは防御力が高い!
      ↓
ライフクロスが2枚以下に中々ならない!!
      ↓
シグニを止める追加効果使えないやん!!!

こんなことを思うのが何回もありました。
なので《バロック・ディフェンス》も選択肢としてありだと思いますよー。

《レス・ホープ》と《ロマネ・ディフェンス》。

採用するならどちらか片方だけでいいと思います。優先度としてはロマネに分がある。

一番使いたい場面としては遊月に対してです。
理由は相手の3ターンめに《幻竜 ボルシャック》のダブルクラッシュを受けたくないから。
《四面楚歌》が使えなくなってもやっぱ厄介です。

《レース・ホープ》も《幻竜 ボルシャック》の効果を消せるので便利そうですが、《幻竜 アパト》で面が空いた状態だと1ダメージを確定で受けてしまいます。

ユキが嫌いな《真天使の未来 ガブリエルト》には有効です。
しかし、相手に手札を減らさせるプレイングをするのがもっと有効です。

まぁさすがに2体同時に並ぶと面倒ですが、こちらにもパワー15,000の迷宮シグニがいます
ので何とかしてくれるでしょう。

てか、なんとかしましょう!


《クライシス・チャンス》


なんでかって《因果応報》に実は弱いんです!

緑子には「《コードメイズ ギンカク》と《コードメイズ キンカク》を徹底してヘブンさせればいいじゃん」って思うじゃん?私も最初はそう思ってました。

でも、《幻獣 コサキ》っているじゃないですか?コイツのせいで一回でもヘブンできない
時があると《因果応報》されちゃいます。
その時の引きにもよるし、片方のシグニがライフクロスに入ってて揃わないってことあります。
なので、その保険として。あと《アイヤイ》も《因果応報》するタイプがありますので。

《アイドル・ディフェンス》はエナが増えることがなくなったので見送っていいと思います。
それだったら2枚目の《フォーカラー・マイアズマ》入れたいってのが私の本音。


以上のことから私の今のアーツ構成は

《フォーカラー・マイアズマ》《バロック・ディフェンス》《ロマネ・ディフェンス》《クトゥル・コール》

上記の4枚にしています。
《クライシス・チャンス》は緑デッキが地元の大会であまりいないので見送り。
日々アーツ構成は悩んでるのでちょくちょく変わるかも。

0 件のコメント:

コメントを投稿